ウッドベル

株式会社ウッドベル 〒222-0001 横浜市港北区樽町1-26-1 TEL045-541-1881 FAX045-543-1925

1972年アルミホイールの卸販売を主体として設立し当社は、エアロキッツを市場ニーズにマッチした <ディバイス・アドバンスト>をテーマにユーザーの立場に立ったスペシャルパーツの開発に取組み、 ヨーロッパを走るカロッツェリアが作ったスペシャルカーを日本で作り日本の車で日本の道路を軽走する オリジナルカーをプロダクトしてきました。
1981年、TORINOKITミラクオーレの販売から始まったエアロキッツの歴史の源流にはイタリアのデザイナー “マルティノ・ミナルディ”を迎える事が出来たのはとても幸運でした。
そして1983年のイタリアでのトリノショーにアルナ・スペシャルカーをカロッツェリアブースに出展し、 ヨーロッパに於いて大きな評価を受け、その後のドレスアップパーツの開発に大きなパワーアップとなりました。 更にドレスアップパーツだけでは空き足らず1992年にはウッドベルレーシングチームが“N1耐久レース ラウンドシリーズ”に参戦し、カローラ使い“星野薫”のウッドベルレビンが唯一のトヨタ車としてシビック 相手に数々の名バトルを展開した、そのサーキットの過酷なテストによりチューニングパーツまでも生み出すことが出来ました。
現在の“WB SPORTシリーズ”*AE101*S14*WAGON Rは長い歴史の中で育んだノウハウを結集しスペシャルバージョンとしてカタチに 出来た事は、スタッフ一同の喜びとするところです。
2009

本社にてカスタムゴルフカート のショールームをオープン、また、1997年より販売をしてきた、ゴルフカート用アルミホイールも1アイテムだった商品を現在7アイテムへ増やし国内、アメリカへ販売

DURO社製をメインとしてゴルフカート用タイヤの輸入、販売を開始しました。
AHP VORTEXブランドの立ち上げ。ステップワゴン、フィット、オデッセイなどエアロパーツの開発。

 

 

 

 

AHPアメリカンハイパフォーマンスブランドにてアメリカ人デザイナーによるデザインの、アコードワゴン(CF6)を発売

 

 

shousai1

新たにゴルフ関連事業展開の為、本場アメリカのパームスプリングに拠点を作り、カスタムカート等のアイテムを展開していく事になりました。
長年培ってきた自動車のノウハウを生かし、ゴルフカートのアルミホイールを製作する事になりました

WB Sportブランドにてダイハツ ムーブを開発。オートサロンショーにてカスタムカー部門優秀賞を受賞

1993

AE101

 

img16041801

“WB SPORT”   シリーズ発表

1992

 

N1耐久レースに参戦(クラス3/AE101/1587cc).シビック勢が圧倒的な強さを誇るクラス3において、唯一果敢にも挑戦し続けた。

 

 

 

1987

MR2

1986

ピアッツァ/スカイライン
1986-2
▲ファミリア バージョン2

1985

シャレード/トレノAE86

1984

ファミリア バージョン1

1983

イタリアのトリノショー出展

1983-2
▲トリノショー カロッツェリアブースにて

1983年のイタリアでのトリノショーにアルナ・スペシャルカーをカロッツェリアブースにて出展し、ヨーロッパに於いて大きな評価を受け、その後のドレスアップパーツの開発に大きなパワーアップとなります。

更にドレスアップパーツだけでは飽き足らず、1992年ウッドベルレーシングチームがN1耐久レースラウンドシリーズに参戦し“星野 薫”“高木 虎ノ介”のドライブする、ウッドベル レビンが、唯一トヨタ車としてシビック相手に数々のバトルを展開した。そのサーキットの過酷なテストにより、チューニングまでも生み出す事ができました。

1982

マルティノ・ミナルディを迎えデザインミーティング

1981

TORINOKITミラクオーレ

 

TORINO KITミラクォーレの販売から始まった、エアロキッツの歴史の源流には、イタリアのデザイナー“マルティノ・ミナルディ氏”を迎える事が出来たのは幸運でした。

アルミホイールの卸販売を主体として独立した当社は、エアロキッツを市場ニーズにマッチした(ディバイス・アドバンテスト)をテーマにユーザーの立場に立ったスペシャルパーツの開発に取り組み、ヨーロッパを走るカロッツェリアが救ったスペシャルカーを日本で作り、日本の車で日本の道路を疾走するオリジナルカーをプロダクトしてきました。

 

Copyright(C) 2010-2017 WOODBELL. All Right Reserved.